スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

カードゲームでありがちなこと

カードゲームをやめて早2年。
久しぶりにカードゲームをやりたい衝動に襲われることがたまにあります。
しかし、カードゲームは時間もお金もかかりとても大変なので、我慢しています。
数日経つとそんな衝動はどこかへ消えうせてしまうので(笑)
まあ、今回もそんな衝動に襲われたんですが、「カードゲームに関する記事を書くことでその欲求を満たすことができるのでは?」と思い、書いてみたのがこの記事です。
ちょっと遊戯王ネタが多い気がしますが、よく分からない方はこの気に遊戯王のDVDを借りて見てみてください^^
アニメ版はとても面白いです。漫画版は(ry


■スリーブ(プロテクター)
・カードをスリーブに入れるだけで強くなった気になる。
・買いたてのスリーブが滑り、デッキ崩壊。
・手にかいた汗でスリーブ同士がくっつく。

■イカサマ(不正行為)
・マーキング
カードについた折れ目や傷などがこれに該当します。
特にMtGはこれに対し厳しく、ルールにも例を挙げて記されているほどです。
悪意がなくても、スリーブの裏についた傷をマーキング認定されることがあり得るので、大会時は新しいスリーブを使うといいでしょう。
・積み込み
デッキの順番を操作する行為。
たまに勘違いしている人がいますが、対戦前に「土地→呪文→呪文→土地→(ry」のように順番を操作する行為も積み込みです。
必ず相手のデッキはカットorシャッフルしましょう。
相手がデッキをろくすっぽシャッフルしないときは特に注意。
・二重ドロー
ドロー枚数をごまかす人がいます。
頻繁に相手の手札枚数を聞くことが大切です。
・時間稼ぎ
長考の域を明らかに逸脱した時間稼ぎを行っている人がいます。
しかし、長考と時間稼ぎの境界があいまいなため、ルールで処理しづらいのが悲しい現状です。

■相手の手札が見える。
マインドスキャンではありません(笑)
無意識のうちに手札を見せちゃってる人が結構います。

■シャカシャカ虫
手札を常にシャッフルしている人がいます。
手札を予測されづらくらくしているつもりなのか、それとも貧乏ゆすりみたいなものなのかは知ったこっちゃありませんが、対戦相手や周囲の人にとっては耳障りなことこの上ありません。
手違いでカードが折れる人もいますので、得るものより失うものの方が大きいと思ったほうがいいでしょう。

■「ショットガンシャッフルはカードを傷つけるぜ!!」 by 遊戯(アテム人格)
たしかにショットガンシャッフルはかっこいいですが、カードが折れ曲がったりするのでお勧めできません。

■ライフ残量でもめる。
純粋に計算ミスや、記憶違いの場合もありますが、どちらかが不正をしている場合も少なくありません。
トラブル防止のために、以下のことを心がけるとよいでしょう。
・ライフカウンターを用いる場合は必ず2つ用意(自分用と相手用)
テーブルには4つのライフカウンターが置かれることになります。
・サイコロ型のものは避ける。
何かの拍子に転がってしまうことがあります。
・電卓をライフカウンター代わりにするのはダメ、絶対。
間違って消してしまうことが多いです。
ちょっと手間がかかりますが電卓は計算にのみ用い、ライフ残量は紙に書くのが最善策です。
そうすると、ライフ残量の推移が記録に残るのでミスや不正があっても発見が比較的容易でトラブルが起こりづらいです。

■サーチの是非でもめる。
私はサーチ法を肯定も否定もしませんが、サーチの可能な店舗では絶対にカードを購入しません。
サーチは買う側のマナーではありますが、売る側がちょっと工夫するだけで簡単に防げるのですから、売る側のマナーでもあると思う今日この頃です。

■強化魔法は弱い。
強化対象が除去されるだけでアド損をするため、逆に不利になることが多いです。
ただし、怨恨(MtG)のように墓地へ送られても回収できるカードや、団結の力(遊戯王OCG)のように驚異的な爆発力を得るカードの場合はその限りではありません。

■ライフ回復は弱い。
たいてい、ただのアド損に終わります。
ただし、ガンダムウォーに限ってはその限りではありません。

■ハッタリ
「攻撃してこいよ、舞。」なんてことを実際に言ったらジャッジからペナルティーを受けそうですが、もっと実用的なハッタリがちゃんと存在します。
例えば、あなたがパーミッション(カウンター)デッキを使っているとします。
しかし、手札にはカウンター(打ち消し呪文)がなく、超ピンチです。
それでも、相手のが呪文をプレイしたときに、打ち消すかどうかちょっと考えるふりをするのです。
こうすることにより、相手には「くそー、あいつカウンター持ってやがるよ。」と思わせることができます。

------
 小学生編
------
■土地(基本地形)/エネルギーカードが足りない。
普通なら腐るほどもっているこれらのカードも、スターターや構築済みデッキをほとんど買わず、ブースター(拡張パック)中心に購入する小学生は十分な数を持っていません。
スターターを購入して基本的なカードを手に入れた方が確実に強くなれるのですが、彼/彼女らは単価が安い上に次々と新商品の出るブースターにどうしてもひかれてしまいます。
全てのカードをマナにすることができるデュエルマスターズはこの点を上手く改善している点で評価できます。
小学生をターゲットにしたカードゲームとして成功した要因のひとつと考えて間違いないでしょう。

■デッキ切れで負ける。
資金不足が災いして決め手にかけるデッキしか作れないのため、勝負が長引きデッキ切れを起こす。
そのため、「オーキドはかせ」を使うと圧倒的なカードアドバンテージを得られるが、デッキ切れで負けるという悲しい結末が待っている。

------
 初心者編
------
■重いカードが大好き。
彼/彼女らは出す前に勝負が決まってそうなカードをデッキに入れまくり、ハイパーヘビーデッキを作るのが大好きなようです。
奇跡でも起こらない限り、そんなデッキは回りません。

■「シナジー」を完全無視。
「コンボ」が大好きな彼/彼女らですが、それと似た「シナジー」という概念はほとんど理解できていないようです。
強いカードを片っ端から入れればいいというわけではありません。
カード同士の相乗効果「シナジー」を意識してデッキを構築することが大切なのです。
何がしたいのか分からないデッキを作るのもこれが原因のひとつと考えられます。

■ニードルワーム(遊戯王OCG)が大好き。
「だって、相手の切り札が墓地に行くかもしれないんだよ?」
残念でした~、そもそも弱いカードなんてデッキに入ってませんから^^
本当に強いデッキはどこを引いても強いんですよ。
そんなわけで、デッキを5枚削られたくらいじゃ痛くもかゆくもありません。
しかも、墓地を利用しやすい遊戯王OCGでは墓地は多いほうが有利なんですよ?


<アマゾンリンク>
マジック:ザ・ギャザリング第9版スターターセット日本語版 遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ マスターコレクション Volume2 デュエルマスターズ トレーディングカードゲーム  DM-17:転生編拡張パック第4弾 終末魔導大戦 (ジ・オーバーテクノクロス) BOX トーナメントスリーブ
マジック:ザ・ギャザリング第9版スターターセット日本語版
現時点で最新の基本セットのスターターセットです。
ルールブックなども入っているので、これからMtGを始める人にお勧め。
遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ マスターコレクション Volume2
1枚は持っていたい「サイバーエンドドラゴン」が入っています。
デュエルマスターズ トレーディングカードゲーム DM-17:転生編拡張パック第4弾 終末魔導大戦 (ジ・オーバーテクノクロス) BOX
デュエルマスターズの最新拡張パック。
トーナメントスリーブ
ホビージャパンが以前発売していた「ぎゃざスリーブ」の上位交換となるスリーブです。
マジック:ザ・ギャザリングはもちろん、デュエルマスターズやポケモンカードなどほとんどのトレーディングカードで使えるサイズのスリーブです。
非常に丈夫で、すべりづらい(デッキ崩れしづらい)のが特徴です。
スポンサーサイト
TCG | 【2006-05-14(Sun) 14:48:52】 | Trackback:(1) | Comments:(3) | [編集]
コメント
ギャザ、もう9版まで出てるのかぁ(´・ω・`)
4版から初めてアングルードでやめたから懐かしいねぇ。
2006-05-14 日  15:33:48 |  URL | おさ #SFo5/nok [編集]
アングルードwww
2006-05-14 日  15:41:14 |  URL | 防衛結界 #zh83eY9A [編集]
トラックバックいただいたので、ギャザなつかしいなーとか思いながら、ググってみたらいつの間にか大変なことになってた!
懐かしすぎる側面攻撃が復活しているとかそんなことはどうでもよくなってしまう驚愕の事実がそこに。

いつの間にか発売元がホビージャパンからタカラトミーに変わってる!!

デュエルマスターズで仲良くなったのでしょうか?
2006-11-04 土  21:52:57 |  URL | 防衛結界 #zh83eY9A [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006/11/04 20:12 | ゲーム 趣味 | カードゲームとは カードゲームは、広義にはカードを使って行うゲームの総称。狭義にはいわゆるトランプを使ったゲームのこと。 おそらく中国で発生したと思われるゲームが、アラブ世界を通過してヨーロッパへ伝えられた。ヨーロッパにこの種のゲームが現れたのは、14世紀のイタリアではない


Copyright © あぅえぅなブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。