スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ゲームぎゃざはGAMEJAPANに生まれ変わります!

ネットサーフィンをしていたら、
7年間ありがとうございました。
ゲームぎゃざはGAMEJAPANに生まれ変わります!

という衝撃的な記事を見つけた。
「ゲームぎゃざか~、懐かしいな。」とか思いながら、久しぶりに読んでみたのだが、私は更なる衝撃を受けた。
MtGのページが大幅に減ってる上に、本の真ん中あたりまで掲載順位が下がってるじゃないか!
私が読んでいたときは常に一番最初、もしくは二番目くらいにはあったんだけどな。
しばらく読まない間にデュエルマスターズよりも後ろになってしまうとは・・・

(以後、回顧モード)


中学校に入学してすぐ仲良くなった友達がマジックザギャザリング(以下、MtG)にハマっていて、私もプレイを勧められた。
小学校時代にポケモンカードと遊戯王OCGをプレイしていた私はすぐにMtGにハマった。
ポケモンや遊戯王とは比べ物にならない奥深さの虜になった。
すると、友達がゲームぎゃざを貸してくれた。
カードゲームの本なのに、表紙イラストはなぜか女の子だった(笑)
ゲームぎゃざ5月号ゲームぎゃざ6月号
一番重要な中身はというと・・・すごく充実していて感動した。
毎月買って研究すれば強くなれると確信した。
表紙がアレなせいで当時中学生の私には非常に買いづらい上に置き場所に困ったが、「カードゲームの本なんだ!」と自分に言い聞かせて買った(笑)
結局、置き場所はリビングのソファーの足元というモロに家族の目に付く場所になったのだが・・・

その後、MtGのプレーヤーが同学年に数人いることが分かり、休み時間はMtGの対戦に、授業中はデッキやコンボを考える日々が続いたw
数学とかより明らかに研究したwww
そのおかげで?学年ではトップクラスのプレーヤーになった。
ルールには一番明るかった、はず。

だんだん自身がついてきて、大会に参加してもいい成績を残せるんじゃないかとか思うようになった。
そんなわけで、中学三年生だか高校一年生だかの時に、TheFinalsという大きな公式大会に参加してみた。
結果は無残だった。
自分の都合のように解釈していたルールがあったり、メタゲームを完全に読み間違えていたことに気付いた。
井の中の蛙だった。

しかし、MtGが本当に好きだったので、その一件でやる気を失うどころか、逆にプレイ熱はさらにヒートアップした。
そんなわけで、授業中にデッキを考え、昼休みにデュエルする日々が続いた。
小遣いが少なくて作れるトーナメントデッキは一人当たりせいぜい1つだったこと、先生にバレると没収されることwの2つがあって、みんな学校ではプロキシカード(代理カード)だけで作ったデッキで対戦していた。
机の下でこそこそやるのではなく、「プロキシだからとられてもいいや」と開き直って机の上で堂々とプレイしていたので、それを見て興味を持った友達が何人も現れ、学年内のMtG人口はどんどん増えた。
部活もサボりまくり、デュエルに明け暮れた。
高一になった頃には弓道部がぎゃざ部と化していた(笑)

高一の夏、ぎゃざ甲子園にうちの学校から3チーム参加した。
大人のいないこの大会なら優勝できるかもしれないとか夢を見ていた。
Aチーム
私:Wake(青白緑コントロール)
ネトゲ廃人N.O:サイカトグ(青黒パーミッション)
お馬大好きH.S:エルフ速攻(緑ウィニー)
Bチーム
ゲーマーR.M:サイクリング(赤白緑コントロール)
ゲーマーK.K:ゾンビ(黒コントロール)
筋肉馬鹿H.T:ゴブリン(赤スライ)
Cチーム
私にぎゃざを勧めたK.K:白緑ビートダウン
ギャンブラーY.I:黒コントロール
ネクラ?J.O:QR(青緑ビートダウン)
見事にデッキがバラけているのは、資金不足でカードをお互い貸し合ってデッキを作ったため、同じデッキを作ることができなかったからですwww
結果はというと、
私は余裕で勝ち越した。一番金かかってるデッキだし、一番まじめに取り組んでたのでそうじゃないと困るんですがねwww
一方、ネトゲ廃人N.Oは当日未明までFF10をやっていたそうで、プレイミス連続。
枯渇撃たずに激動撃って逆転負けとかもうアホかと。
大会前夜くらいしっかり寝てくれ。

そんなわけで大会は予選落ちでしたが、燃え尽きました。完全燃焼です。
なんか、MtGにはもう未練が無いくらいです(笑)

そんな気分のときに新たな基本セットのカードリストが発表されました。
かなりの度合いのバランス調整が行われたようで、全体的にカードパワーが低下。
一番被害を受けたのはおそらく青でしょう。
対抗呪文がありませんでしたOTL
私のカードゲーム人生の全てを否定された気さえしました。
受験勉強に向けてMtGをやめるには絶好の機会でしたので、それからは勉強に明け暮れる毎日のはずだったのですが・・・
遊戯王OCGやったりデュエルマスターズやったり、別のカードゲームにはまりましたw

さらに、東京大会の動画を見て以来、ぷよにハマりましたwww
そして今に至ります。
まあ、無事大学の推薦を貰えたので問題ありませんが。

なんか、非常にまとまりがなく、読みづらい長文になってしまいましたが、一応2日かけて書いています。
最後まで読んで下さってありがとうございました。
今後は文章力の向上にも努めたいと思います。


<おまけ>
~なつかしのカードゲームグッズたち~
ぎゃざスリーブとか

・A2:旧ぎゃざスリーブ(青)
品質も色もいいのだが、パッケージのせいで当時中学生だった私は、買うのに非常に勇気が必要だった(笑)
・A1:新ぎゃざスリーブ(青)
3年位前にパッケージが変わったのだが・・・
うん、確かに買いやすくはなったよ。
けど、なんかさみしくなったw
あると困るけど、ないと寂しい。どんなわがままだよwww
・B1-2:カード型ライフカウンター
これも買うのに勇気が必要だったwww
2個も持っているのは、自分のライフ用と相手のライフ用と2つあったほうが便利だし、トラブル防止にも役立つため。
・C1:カード型ライフカウンター(高校選手権参加賞)
・A3:小物入れ
これも(ry
・B3:デッキケース
これも(ry
改めて見ると、ぎゃざガールのイラストの入ったグッズばかりだなwww


<関連サイト>
HobbyJAPAN OFFICIAL WEB SITE
月刊Gameぎゃざ2006年4・5月号
スポンサーサイト
TCG | 【2006-03-11(Sat) 23:04:09】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]
コメント
僕もはまりましたよ~

アストログライドが1番まともなデッキだったかな…大きな大会は出なかったけど

僕は強いデッキよりも面白いデッキの方が好きだったのでオンスロートブロックあたりの青黒変異をつめこんでイクシドールで表にして嘘の織り手で裏にして何度も再利用とかやってました(笑
あとは赤単のゴブリン速攻で運勝ち狙いとか

金はかかったけど今となってはいい思い出かな…そういえばずっと前に友達に貸した賛美されし天使返ってきてないや(苦笑
2006-03-12 日  16:01:41 |  URL | ゆう太 #- [編集]
ちょwww
賛美された天使高かったのに(´・ω・`)

ってあああああ!
私も友達に借りた賛美された天使と神の怒り返すの忘れてたwww
2006-03-12 日  16:12:00 |  URL | 防衛結界 #zh83eY9A [編集]
ぎゃざガールグッツテラウラヤマシス
2007-02-04 日  00:13:09 |  URL | ななしさん #- [編集]
ぎゃざガールグッツ、いいなー。
2007-02-05 月  22:55:25 |  URL | ファブリック #wLMIWoss [編集]
ぎゃざガールグッズ人気ですね。
今じゃ入手困難なのかな?(´・ω・`)
2007-02-06 火  22:36:05 |  URL | 防衛結界 #zh83eY9A [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-03-04 日  11:55:00 |  URL |  # [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-04-24 火  06:35:44 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © あぅえぅなブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。